360年前より伝わる
和製リキュール

株式会社岡本亀太郎本店

ールスポイント



味醂&薬味が醸す健康酒

POINT1

360年前から変わらぬ製法

  • 桂皮など薬味16種を自家製味醂酒に漬込み(和製リキュール)


  • 「健康と美容に効用」とされた福山藩の専売品


POINT2

原料は自家製味醂

  • 保命酒のベースとなる味醂を自社工場で生産


  • アミノ酸18種類を含有(通常の味醂は12種類)


POINT3

新しい呑み方の提案

  • 「健康のため」から「愉しむため」に商品開発


▲ 閉じる

ススメ製品


製品1

四十度保命酒

  • 「保命酒」をベースにアルコール度数を40度まで向上

  • 華やかな薬香と穀物由来の芳醇な香り

  • ストレート、オンザロック、カクテルベースのほか、製菓用など多用途

  • 原材料はもち米(国産)、うるち麹(国産)、醸造アルコール、焼酎乙類、薬味16種

750㎖瓶
希望小売価格2,600円
(税込、日本国内)
製品2

保命酒梅太郎(梅酒)

  • 紀州産南高梅を漬け込んだ保命酒

  • さっぱりした口当たりと爽やかな梅の香り

  • ストレート、オンザロック、炭酸割り、お湯割り、カクテルベースのほか、アイスクリームなど各種スイーツの風味付け

  • その他、杏酒、生姜酒など有ります

300㎖瓶
希望小売価格1,300円
(税込、日本国内)
製品3

純米仕込本味醂

  • 保命酒に不可欠な自家製本味醂を、材料と製法に拘り「特別な一品」に仕上げ

  • 国産米&米麹を100%使用。添加物ゼロ

  • アミノ酸を18種類含有

  • 凝縮された旨味成分の象徴の「黒色」

150㎖瓶
希望小売価格500円
(税込、日本国内)
▲ 閉じる

表メッセージ


 「お酒であり、薬でもあった」保命酒は17世紀に誕生。福山藩を代表する特産品として、大名や豪商相手に高値で売買されていました。朝鮮使節団やペリー提督にも供応され、19世紀のパリ万博にも出品された接待酒です。今も変わらぬ製法を守りながら、新しいスタイルの呑み方をご提案します。
代表取締役
岡本 良知
▲ 閉じる

社案内


創業 安政二年(1855年)
資本金 1,000万円
本社所在地 広島県福山市鞆町鞆927-1
事業概要 和製リキュール並びに本味醂の製造
留意点 薬事法など現地法規制
▲ 閉じる

集後記


 8世紀に編まれた我が国最古の和歌集「万葉集」にも詠われる鞆の浦。古来「潮待ちの港」として繁栄したこの地で脈々と愛されてきた保命酒は、「不老不死のお酒」にも例えられています。梅酒や杏酒なども口当りが良くて美味しいです。
▲ 閉じる
先頭へ戻る